image1.jpg

「不眠症」 不眠症でお悩みの方は沢山いらっしゃいます。

不眠症は何日から不眠症になるのか、2週間も眠れないときは不眠症です。
不眠症には必ず原因が隠れていたり、生活リズムの改善をしったり夜更かし等、寝室の遮光カーテンから枕、マットレス敷き布団が合わないのも不眠の1つになります。
あと物理的の事も周りの環境から騒音、夜に飼い猫からイタズラをされて眠れない等、になります。
不眠症の代表的なもの、自律神経失調症が多くみられ、これは自律神経の乱れが始まり交感神経の異常です。

よく神経の高ぶり、神経が高ぶり昨夜は眠れなかったなど耳にします。
この自律神経~交感神経の昼間の興奮が夜の就寝に影響することもあり、昼間のストレスも溜めないように、カフェインを摂取すぎるのもよくありません。
不眠症も長引くとうつ病を始めいろんな病気を発症させるようになります。

改善法としては、交感神経を抑制して、副交感神経を動かす活発にします。
副交感神経を活発にするポイントは毎日の生活リズムのキープから、適度な運動、就寝3時間前に身体を温める、明る過ぎる光、お部屋の電気もセーブする、就寝前の食事はおさえることです。
脳がつくる神経伝達物質の中のセロトニンが減ると、うつ病になるので、セロトニンを増やす食べ物もあります。
チーズ魚、ひまわりの種、ビタミンBも効果があります。

不眠症は改善出来るので、諦めずに先ずは自身の生活習慣から改善をしてみましょう。