Child sleeping

不安を感じたり、心配事があると、眠れなくなるのは良くある話です。
かくいう私も、不安で眠れなくなってしまうことが多々あります。例えば、翌日の仕事のことだったり、家族関係だったり、友人関係だったりと、様々なことで考えこんでしまうと、その分眠りにつくのが難しくなってしまいます。
そうすると、眠れなくなり翌日の生活にも影響が出てきてしまいます。そういった事態を避けるためにも安眠や快眠と言うのはとても大切です。

私が実践している安眠方法はいくつかあります。

一つは入浴後なるべく早く布団に入って寝るということです。
入浴後の体が温まった状態で布団に入ることで、すんなりと寝付くことができます。

二つ目は音を聞きながら寝るという方法です。
リラックス効果のある落ち着いた音楽などをBGMにして寝たり、静かに時計の針の音をずっと聞いたりすることで、自然に寝付くことができます。

私はこの方法で眠れない時は寝るようにしています。

安眠・快眠のために大切なことは、無理なく自然に寝ることだと思います。
どうしても眠れずに睡眠薬などに頼る人がいるのもわかりますし、しかたのないことかもしれませんが、なるべく自然に寝たほうが安眠に繋がるかと思います。私はこの方法で眠っているおかげで、今まで睡眠薬などに頼ったことはありません。

眠る事が本当に出来ない場合、睡眠薬に頼る方法もありますが、それは最終手段にしています。